Jeu de Fils (ジュ・ド・フィル)は、いつまでも変わらぬ美しさ、愛らしさをもつ刺繍や手芸材料  
クロスステッチキットをお届けするweb shopです  

 


 
idee

idee
galerie
les astuces
commande
contact
 
presse
dictionnaire
atelier
 
arccueil
 

 

  刺繍クラブ名誉会員キャバリエキングチャールズのムッシュ・ちょいんびぃがご案内するアトリエ日記



>2012

6月26日
5月のある晴れた夕方、ムッシュは長い散歩にでかけました。
日記を楽しみにしてくださったみなさん、ありがとうございました。


4月24日
すてきな贈り物をいただいた。
あごをのっけてみたり、一緒にお昼寝したり。

 

4月12日
11回目の誕生日を迎えたぼく。
新しいネッカチーフとバッグで春の散歩にでかけた。
最近は散歩の途中で昼寝もする。

1月30日
東京に大雪が降った日。
雪を踏む散歩はとても楽しかったけど
鼻水がでて大変困った僕だった。


1月14日
年末に十津川村へ旅して以来やたら元気のよい僕。
今日は海辺へ散歩に。
昨年はいろいろありましたが、今年よよい年になりそうです。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

>2011

7月22日
みなさん お久しぶりです。
無事手術が終わり、術後の経過も好調だったぼく。
たくさんご心配いただいて、ありがとうございました。すっかりよくなったので 久しぶりに床屋さんへ行き、遅ればせながらのサマーカットとなりました。夜にはお気に入りのリストランテで全快祝いをしてもらったよ。シェフのすてきな演出に目が丸くなったぼくだった。


5月5日
ゴールデウィークのある晴れた朝、埠頭に浮かぶデッキで朝食をとった。
ぼくのためのご飯まで用意されていた。
なんだか甘やかされているな、と思っていたらその後は病院に連
れていかれたのだった。
やっぱりね。


3月30日
ある晴れた日 ママンは窓辺てもくもくと針を動かし、ぼくはいっぱい散歩する。
こんな日がたくさんありますように。

1月10日
新しい年は きれいな富士山とともにやってきた。
久方ぶりに海へ散歩につれていってもらった。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
 

>2010

10月26日
古い友達 ソフィーがやってきた。昨日はアトリエでのワークショップだった。
毎朝 彼女の足もとでフランスのパンをもらうのを楽しみにしている僕。
おみやげは「よだれふき」。
「ごしごし拭いてもいたくないのを探したのよ」というだけあって ほんとに気持いい。お昼寝用にさせていただいた。


9月3日
いつまでたっても終わらない夏に 少しうんざりしているぼく。
暑くてあまり動く気がしない。
お気に入りのおもちゃたちも椅子に並べられたまま秋がくるのををまっている。


5月10日
いつものカフェで日曜のブランチをしたある日、ぼくは素敵な女の子に会った。
同じ年の同じ色の彼女とは初めて会ったような気がしなかった。


2月22日
明るい陽射しにさそわれて 久々に遠くまで歩いていったぼく。
いい香りがすると思ったら,梅が満開だった。
あっという間に春がきているんだね。

>2009

12月26日

12月にしては温かい夜、
マルシェ ド ノエルにでかけた。

フロマージュやパン、おいしいにおいが
いっぱいだったよ。

ストラスブールからやってきた屋台も並んでいて
懐かしく思い出したぼくだった。


12月18日

アトリエで作品発表会を兼ねたクリスマス会があった。

みんながそれぞれに作ったオーナメントをぶらさげたもみの木はとっても重そうでぐったりしていたよ。

たくさんの人がいっぺんにやってきて ぼくはちょっぴり疲れてしまった。



しょうがないから 親孝行だと思ってがまんしている。


11月23日

東京にきて始まった新しい習慣、床屋さん。
ぜんぜん歓迎できないんだけど。

ぼくの自慢の長くてふさふさの毛は日本の気候との相性がいまいち。

病気の原因になることも多いんだって。

しょうがないから 親孝行だと思ってがまんしている。


10月9日

うれしい秋がきた。
夏の間はちょっとの時間しか
外に出られなかったけれど

涼しくなれば大丈夫。
ついつい 大きくしっぽをふって歩いてしまう僕。

アトリエに戻ると そこにも秋がやってきていた。


8月7日


毎日あつくて嫌になってしまう。
冷たい床を探して昼寝を楽しむ僕。今日は刺しゅうを踏んづけたまま眠ってしまい、ちょっとママをにおこられた。

そんな中、ブルターニュにてバカンスを満喫中のソフィーから 「楽しかった蚤の市めぐりを忘れてない?」とお便りがとどいた。TV番組のアドレスとともに。

http://videos.tf1.fr/jt-13h/elle-collectionne-les-collections-4502523.html

あんまり好きじゃなかった蚤の市がちょっとなつかしかったよ。ママは今すぐにでもフランスにとんでいきたいそうだ。


6月17日


朝 はばたきの音でめざめたぼく。
山椒の鉢にくっついてきた小さな毛虫がついにチョウチョになっていたんだよ。

すぐに外へ飛び立っていったけど、それはそれは綺麗な模様でいつまでも眺めていたかったな。

 

4月28日


今日のアトリエは、ぼくんちに滞在しているパリのカルトナージュの先生、カトリーヌによる製本講座。

みんなアルバムや住所録を一生懸命つくっていたよ。

できあがったものはとっても素敵だったよ。


4月6日


船はいいね。
散歩の途中でいつも見ていた船に、僕もようやく乗りました。海風に鼻水が少しでちゃったけど、
あまり気にしていません。

帰り道、ガラス越しに僕が写ってる。
あれれ?よく見ると・・・!


3月23日


今日はいつもとは 逆方向にお散歩に。

お友達が走っている東京マラソンを応援にいったんだよ。

あんまりにもたくさんの人が走っていて、ほんとうにびっくりした。


3月19日


少しずつ春が近づいてきてるみたい。僕は最近できたpetite amieと有栖川公園でデート中。

風が気持ちいいよ。

ママの本『刺しゅう図案帖』の中でも僕の大好きな作品のモチーフの一つを紹介します。小花の刺しゅうは現在アトリエで流行中です。


3月2日


『刺しゅう図案帖 -暮らしの中のアンティーク-』出版記念作品展にたくさんの方にお越しいただいてありがとうございました。

恥ずかしながら、ここの日記ではいつも元気な姿をおみせしていましたが、実際は寝てばっか、ということがばれてしまったぼく。

そうですいつもはこんな風に眠っているのです。

今日の作品部分ご紹介は ママお気に入りの赤と青のステッチの一部です。


2月2日


たまの日曜日、埠頭のカフェでブランチする僕。
寒いのでストーブにお尻をくっつけてみたり。熱くなりすぎないうちに、離れるのが大事なんだよ。

さて、ママの本『刺しゅう図案帖 -暮らしの中のアンティーク-』ができあがりました。僕は少しずつステッチの一部をご紹介します。どのページの部分なのか探してみてね。


寒いのが好きなので毎日散歩が楽しい。
今度は船にのっけてくれるそうだ。楽しみだ。


1月6日


あけましておめでとうございます。
ことしもどうぞよろしくお願いいたします。

日本に戻って最初の年は何かとハードな毎日だったけど、東京生活にもやっと慣れて来たぼく。

夏に比べ とっても快適な冬。
寒いのが好きなので毎日散歩が楽しい。
今度は船にのっけてくれるそうだ。楽しみだ。









このページのトップへ

 


このHPに掲載されている画像の著作権は メーカーもしくはデザイナーにありますので、
画像の、複写及び転載を一切禁止いたします。