Jeu de Fils (ジュ・ド・フィル)は、いつまでも変わらぬ美しさ、愛らしさをもつ刺繍や手芸材料  
クロスステッチキットをお届けするweb shopです  

 


 
idee

idee
galerie
les astuces
commande
contact
 
presse
dictionnaire
atelier
 
arccueil
 


(さあ始めましょう!)

< オリジナルのレースペーパー、カルトンペルフォレで楽しみましょう >

 

小さな穴のあいた厚紙、 カルトンペルフォレ
まだ日本ではなじみが薄く、どんな風に使うのかしら?とお思いの方もいらっしゃるかと思います。
そこで 今回は アンティークのカルトンペルフォレを使ったニードルブック、現在のカルトンペルフォレでつくったニードルブック、そしてカッティングのコツなどをご紹介します。


 


こちらは アンティークのニードルブック。
カルトナージュで仕立てたニードルブックです。
複雑なカッティングを組み合わせた小さな水色のニードルブック。
切り抜いた破片も捨てずに重ねてとても素敵な陰影を出しています。 
そして象のステッチがユーモラスなニードルブック。
厚紙(カルトンペルフォレ)の、穴のあいた部分を使って厚紙に 直接クロスステッチをしています。



大好きな赤と白のイメージで 作ったニードルブック。
アイボリーのカルトンペルフォレ(CP-ivore)を使い、まず廻りをレースのイメージで切り抜き、その後 赤糸2本取りで クロスステッチとバックステッチを使って刺繍しました。 無地や濃い色だと 白とカッティングが映えると思います。
選んだ布の上に 仕上がったカルトンペルフォレをのり付けしました。

中身はこんな風になっています。


刺繍だけでなく アンティークのクロモも組み合わせてみました。
小さなつるばらをイメージして カッティング中。
プチプチと切っている間の机の上はこんな様子です。
いろんなものを広げてイメージを膨らませます。
意外に役立つのが このブラシ。
穴の間にはいってしまった小さな紙くずをはきとってくれます。




さて、どんな風にカッティングするのでしょう?
用意するのは、カッターナイフ、もしくは先の尖ったはさみ。
こんな風に、ひとますずつ切り取っていきます。
4つの○の間を切り取ると、小さな花模様ができます。


私の場合、1目程度の小さな部分をカットすることが多いので、軽くて細い細かい作業用のカッターナイフよりも、こういったカルトナージュ用の無骨なカッターのほうが使いやすく感じます。


なぜなら小さな穴部分を切るのに必要なのは、引く力でなく押す力なので、指で押す面積の広いものが使いやすいのです。
1押し毎に、プチッ、プチッという音が響いて紙がカットされます。

逆に、長いカッティングには 軽くて細いものが使いやすいかもしれません。

もちろん、はさみも使います。


作品集にも カルトンペルフォレがしばしば登場する ヴェロニクの好きな方法は 小さなはさみだとか。
カットした部分が少しつぶれたりめくれあがった風になるのですが、これで仕上げると、全体が華やかに見えるのが不思議です。

 







このページのトップへ

 


このHPに掲載されている画像の著作権は メーカーもしくはデザイナーにありますので、
画像の、複写及び転載を一切禁止いたします。