Jeu de Fils (ジュ・ド・フィル)は、いつまでも変わらぬ美しさ、愛らしさをもつ刺繍や手芸材料  
クロスステッチキットをお届けするweb shopです  

 


 
idee

idee
galerie
les astuces
commande
contact
 
presse
dictionnaire
atelier
 
arccueil
 


(さあ始めましょう!)

< 刺しゅうの額装 >

 
メゾンコーナーには Jeu de Filsがセレクトしたフレームが並んでいます。

自分で簡単にできる額装で、刺しゅう作品がひときわ素敵になります。ここでは、ガラスなしでキルト芯を使ってふっくらと仕上げるフレーミングの方法をご紹介します。

ガラスを入れるフレーミングと比べ汚れる事がありますので ペルメールではないステッチのみの場合は洗える方法をおすすめしています。

 
キットにはいっているもの
額, キルト芯, 厚手ボール紙(額内側サイズのもの), ボール紙,トンボ(押さえ金具), 壁掛金具, ネジ

ご自身でご用意いただくもの
はさみまたはカッターナイフ, 定規, 接着用品(手芸用ボンド/マスキングテープ/両面テープなど), プラスドライバー/きりなど

簡単額装の方法
  1. 額の裏に壁掛金具、トンボをねじでとめつけます。
    事前にきりで穴を軽くあけるとねじが付けやすくなります。

  2. ボール紙を 額の内側より1〜2mm小さく切ります。

  3. ボール紙と同じサイズにキルト芯をカットします。

  4. 刺しゅう作品に綺麗にアイロンをあて、キルト芯をのせたボール紙を 刺しゅう作品でくるみ、好みの接着材で留めます。あとで刺しゅう作品を交換したり、洗ったりしたい場合は、マスキングテープが布をいためずおすすめです。

    アトリエでは、しょっちゅう額の中の作品を取り替えたいという場合には特にマスキングテープを。接着しやすいはりやすさを求める場合は 両面テープを(マスキングテープより接着力が強いのですが、少し糊後が残る場合があります)。 絶対に外したりしないもの、刺しゅう面に穴をあけてしまうペルメールなどは カルトナージュ用の糊で、と使い分けています。前者2つは、後で洗うことができますが、後者は外せないため洗う事は不可能です。

  5. 4 を額の中にいれ、厚手ボール紙をのせ、トンボ(金具)でおさえます。
さらにきれいに額装するために
ひと手間を加えてみましょう。

例1:

キルト芯の土台をしっかりさせる。
( 上記3と4の間の作業となります)

寒冷紗 麻ガーゼ もしくはシーチングなどを 台紙よりひとまわり大きなサイズで用意します。薄くて、固くてのびにくく、糊付きのよい布を選びます。布の色は、上に貼る刺しゅう生地に影響のないものを選びましょう。Jeu de fils のアトリエでは寒冷紗をよく使います。

キルト芯の上に直に布を重ねる前に一旦 アイロンをあてたこれらの布で 台紙とキルト芯をくるみます。 接着にはカルトナージュ用ボンドを使っています。 特に寒冷紗は固い張りもあり、ガーゼのように布目が大きい割に薄いので台紙裏の角に厚みが出ず、 仕上がりがきれいになります。

 

例2:  フレームの中身の厚みは十分でしょうか。

刺しゅうした布でくるんだ台紙と、厚手ボール紙をフレームの中におさめたら少し押してみましょう。

金具で押さえるには隙間が有るような場合、新聞紙を折り畳んだり、フレームの内側のサイズにあった紙をさらに加えてみてください。金具と台紙でしっかりと後ろから押す力がはたらけば、刺しゅうした布はさらにしっかりとしたはりが出ます。

その他の大切なこと
*アイロン

キルト芯の土台をしっかりさせる。上記3と4の間の作業となります。

寒冷紗 麻ガーゼ もしくはシーチングなどを 台紙よりひとまわり大きなサイズで用意します。薄くて、固くてのびにくく、糊付きのよい布を選びます。布の色は、上に貼る刺しゅう生地に影響のないものを選びましょう。Jeu de fils のアトリエでは寒冷紗をよく使います。

キルト芯の上に直に布を重ねる前に一旦 アイロンをあてたこれらの布で 台紙とキルト芯をくるみます。 接着にはカルトナージュ用ボンドを使っています。 特に寒冷紗は固い張りもあり、ガーゼのように布目が大きい割に薄いので台紙裏の角に厚みが出ず、 仕上がりがきれいになります。

 

*布を張る順番 下地をはる場合も、刺しゅうした布をはる場合も、左右のバランスをみながら しっかりひっぱりながら貼りましょう。ゆるみがあると4辺に波打つようなしわがでてしまいます。

右図のようにABCD4つの辺があるとします。向かい合った辺毎に仕上げていきます。まず最初のAをはる際は布目をみながら「まっすぐに」、ということに気をつけます。向かい合ったCは 均等になるように気をつけつつもしっかりとひっぱります。

その後Bをまた向かいのDでしっかりとひっぱります。 まっすぐを気をつけながらはりつけ、

アトリエでフレーミングされた作品たちをご覧ください。


プチ・パレ(大)を使ったコラージュ作品


こちらは お手洗いのドアプレート プチ・パレ(小)


サンフォワのグレ-


正方形のものはRouge du Rhin (ルージュ ド ラン)のミニチュアシリーズにもぴったりです。

このページのトップへ